病棟業務

病棟に専任薬剤師を配置し、持参薬を含む入院中に使用する全ての薬剤について薬歴管理(飲み合わせ・重複・アレルギー等々の確認)を行い、患者様の状態を把握した処方設計や処方提案、医薬品の情報提供を行っています。

また、病棟に配備された薬剤の管理はもちろん、処方された薬剤が間違いなく、そして安心して患者様にご使用いただけるように、配薬管理や薬剤説明を行っています。特に、向精神薬、劇薬など、安全管理が必要な医薬品等の使用にあたっては、使用前に確認を行い、医師・看護師と連携して効果的かつ安全な薬物療法のための支援やリスクマネージメントに寄与しています。

 

患者様を中心としたチーム医療で行う薬物療法システム

当院は上記の図で表しているシステムを利用して処方設計に取り組んでいます。病院理念である患者様のWell-beingを追及することの観点から、当院での薬物療法は薬剤師が中心となり積極的に関わっています。

現在、多剤薬物療法が1つの問題になっている中で、医師と共同で薬剤設計を行うことで患者様の薬が妥当かどうか薬剤師の立場、医師の立場の両方向から検証できるようにしています。このシステムを行うことにより医師との診察時間を薬の内容以外の相談もしやすい環境を提供できるように努めています。

 

入院服薬相談

入院服薬相談は週1回行っています。 その中で、服用中の薬の効果・副作用を1つ1つ確認しながら、進めていき、薬剤師以外のスタッフと連携して退院だけを目指した薬物療法ではなく退院後の生活を見据えた薬物療法を常に検討しながら入院服薬相談を行っています。

※入院服薬相談も外来服薬相談と同じように服薬相談ツールである各疾患別冊子を使用しています。
 ご興味がある方は外来の薬物療法ページをご参照ください。